京都の不動産の特徴・社会人、学生需要多く収益物件探しに最適

京都の不動産の特徴・社会人、学生需要多く収益物件探しに最適

京都は世界的にもよく知られている、日本を代表する観光地です。数々の史跡や文化財、自然、と現代の街並みが調和する街ではありますが、このような特性を持つ街だからこそ、古い街並みの保護と再生、そして新しい開発が必要とされています。
 
ご存じのように京都は、794年に遷都、整備された平安京がベースとなっている街です。碁盤の目のようにきれいに区画された都は、千年以上の時が過ぎても、その基本的な街の作りに変わりはありません。
 
このように京都は歴史的な街ですので、景観保護のための条例などもあり、不動産が供給過剰になるようなことがありません。そのため、家賃や資産の価値も下がりにくく、空室が出にくいという特色を持っています。これらの要素は、投資用の不動産として購入する価値があることを意味します。
 
近年、京都の市内中心部は、海外からのインバウンド需要を見越したホテル開発が進んでいて、アパートやマンションといった居住向け物件の開発が難しくなっています。しかし、こうしたエリアであっても新規に開発される居住向け物件はあります。こうしたエリアで収益物件を探すのはかんたんなことではありませんが、資産価値はひじょうに高いと言えます。
 
エリアにより特色のある京都の不動産
京都は現在、国際的な観光都市として、世界から訪れる多くの人々でにぎわっています。世界的に知られる京都発の企業もたくさんあります。任天堂、ワコール、オムロン、GSユアサ、日本新薬…京都は観光都市であると同時に、このように世界的ビジネスが本拠地を置く街でもあるのです。
 
京都は平安京をベースに成り立っている街です。平安京は鴨川の西側に栄えましたが、現在の京都市街地において、投資用不動産を探す価値があるのも、その平安京があった場所が中心です。

【京都】一戸建て・新築